Loading...

吉川清之Kiyoshi Yoshikawa

地区: Japan 日本
档案:
小简介
吉川 清之(よしかわ きよし)
1965・04・21
東京生まれ
血液型 O型
大事件
1983年(18歳)アマチュアバンドを経て、新人歌手のバックなどを始める。 1985年(20歳)作曲・アレンジに転向、 1985~1988年 東京新聞出版 澤池久枝作「シルクロードはるか」BGM等により、主に映像関係を中心に作曲・アレンジの活動を始める。 1991年(26歳) つのだ☆ひろ のソロ・アルバムにアレンジャーとしてデビュー。  1992年(27歳)映画「7人のおたく」(東映)にアレンジで参加(楽曲も提供している)この頃より、イメージの具象化としての音楽表現をテーマに、多くの環境音楽、TVCF,企業VP,TV BGM、イベント等を手掛る。プロデュースでもカシオTVCF、TOYOTA VP等を担当。 1994年  主に映像音楽に思い入れが深く、新たな映像メディアの開拓としてCD-romマガジンPODの音楽を担当、digitalメディアとの付き合いが始まった。ミュージックアルバムはもとより、映画・TVドラマ・TVCF・イベントさらには、TV Game CD-rom インターネットまで、あらゆるメディアの仕事に関わり、そのノウハウをオーケストラやバンドといったアナログ回路に融合していくことを得意とする。  1997年には、プレステーション・ゲーム「熱砂の惑星」のイメージ・アルバム  制作にモスクワ・フィルを使用。112人のフル・オーケストラによるオリジナル作品、フル・アルバムを作・編曲する(発売BMGレコード)1998年には、Earth Wind & Fireとラジオ・ジングルを、共作・プロデュース。更に、SONY CD-rom ""New York Calling"でNEW YORKレコーディングを作曲・プロデュース。多くの仲間を得、彼等とのコラボレート・アルバムを企画中。すでに、コラボレートの1つとして、ホンダ1997年(x4 Fire storm)TVCM、1998年(CB1300)TVCM、などで、ECLIPSEというプロジェクトを結成。メンバーには、映画「バグダット・カフェ」のハーモニカで有名な、ウィリアム・ギャリソンや、VIB奏者であり、アレンジャーのクレック・ペイトンが参加している。   ミュージックアルバム・ワークとしては、アポロンレコード(バンダイミュージック)より、既に十数枚のリラクゼーションCDが発売されている。 1999年には「火曜サスペンス」などの2時間ドラマなどのBGMを制作する傍ら、2001年の国体式典音楽制作に参加。入退場及びコンセプトステージ用の音楽(作曲宇崎竜道氏)全曲をアレンジ制作する。 2000年・予てより交友の深かった香港のプロデューサーSUM・LEONG氏の誘いで  彼の初監督作品「香港之夜」の音楽を担当。2作目「狼men in cool」を制作。11月完成(公開2001・12)。 2001年 ウィリアム・ギャリソンや、VIB奏者であり、アレンジャーのクレック・ペイトンの協力により、ECLIPSE改め、「POPCLSA」を結成。カプラ・レコードより、ファミリーレストラン「ジョナサン」CMタイアップ曲を含む4曲マキシーシングル発売。7月世界水泳の式典音楽の制作。 東映「実録・夜桜銀次1・2」音楽制作 2004年 東映「渋谷物語」(2005年3月公開)東映 「極道の妻たち5 情炎」(2005年3月公開)香港映画、「凶宅」 /「双子」などの音楽制作 2005年 音楽ライブと芝居など、他のパフォーマンスを融合させたライブグループ「里楽座Janaidganai」を結成。6/2・3旗揚げ公演を行う。  
(更多)
关注TA 播放艺人电台

我来说两句

您需要登录后才可以留言,新用户 注册虾米帐号

5条简评

Top
Host: , Process All 0.2314s Memory:5679k