Loading...

Plastic Treeプラスティックトゥリー

地区: Japan 日本
风格: 视觉摇滚 Visual Rock
档案:
小档案
乐 队 名 Plastic Tree
代表作品 echo
经纪公司 FlyingStar Records→CJビクターエンタテインメント(2012年 - )
事 务 所 J-ROCK(2005年 - )
成员档案
现成员
姓    名 有村竜太朗
出生日期 1973年3月6日
出 生 地 东京千叶县
身    高 173cm
体    重 53kg
血    型 AB型
担    当 主唱、作词、作曲、吉他
 
姓    名 长谷川正
出生日期 1970年11月16日
出 生 地 东京千叶县
身    高 169cm
体    重 50kg
血    型 O型
担    当 队长、贝司
 
姓    名 中山明(ナカヤマ アキラ akira)
出生日期 1971年1月16日
出 生 地 北海道
身    高 170cm
血    型 A型
担    当 吉他
 
艺    名 KENKEN
姓    名 佐藤ケンケン
出生日期 1978年1月8日
血    型 O型
旧成员
姓    名 笹渕启史(ササブチヒロシ Sasabuchi-Hiroshi)
出生日期 1976年10月12日
出 生 地 北海道
血    型 A型
担    当 鼓合”。
 
艺    名 takashi
出生日期 1972年1月15日
身    高 169cm
体    重 52kg
血    型 B型
担    当 原队长
乐队简介
1995年他们发行了他们的第一张迷你唱片集,Strange fruit- 奇妙果实(kimyou na kajitsu)-。很明显Ryutaro他那阴郁暧昧的嗓音有受像The Cure 和Radiohead。在1997年6月25日Plastic Tree与warner唱片公司签约major了,major后的第一张单曲是割れた窓(Wareta Mado),很快他们便于1997年7月10日发行了他们的首张专辑,Hide and Seek。在接下来的时间里,他们又于1998年8月26日发行了第二张专辑,Puppet Show,成为早期Plastic Tree 音乐的代表,其特点是就是主唱Ryutaro的独特嗓音和乐队音乐中大量的受new wave(新浪潮音乐,即七十年代后期的摇滚音乐)的影响迹象。
在2000年9月他们发行了他们的第三张专辑,Parade. Parade 依旧有着主唱和之前相同的阴郁的嗓音,然而某些方面却变得有些容易懂。
2001年初,Takashi 离队,在一年之后,Sasabuchi Hiroshi(即Buchi)加入。
这就像是一个新的开始。不仅因为鼓手的改变,也因为他们的音乐开始变化,更趋向于pop-rock,听起来轻和且明朗了些,倾向于britrock。
虽然不是每个人都乐于看见Plastic Tree的改变,他们仍旧发行了大量令人印象深刻的单曲和专辑并且成功地向更多的人展示了他们的音乐。
在2004年,随着8月份Cell的发行,乐队又有了一些新的变化.在新变化产生的同时,他们也似乎返回了原先刚开始的样子。在Cell发行不久之后,他们宣布离开他们的唱片公司SWEETHEART,新唱片公司是J-ROCK。官方网站改变,歌迷俱乐部从"Sickroom" 变成"Jellyfish breed"。
并于2006年应邀至德国、法国、芬兰三地表演。(其实还有在原定的在墨西哥的两场,不过后来取消了)
2007年9月8日,Plastic Tree在日本武道馆举行了major十周年纪念演唱会。
バンド紹介
Plastic Tree(プラスティック トゥリー)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。1993年にボーカルの有村竜太朗とベースの長谷川正を中心として結成し、1997年にメジャーデビュー。ドラム担当のメンバーの脱退や加入などを経て、現在は4人組で活動する。略称はプラ、プラトゥリなど。
略歴
1993年
12月、有村と長谷川が中心となって結成。楽曲制作を行う。
1994年
3月、当時サポートメンバーであったナカヤマとKOJIが正式加入し、千葉県市川市を拠点に活動開始。
この年、KOJIが脱退。SHINが加入。
12月31日 市川CLUB GIOにて初の年越しイベント参加市川CLUB GIO
12月31日 「ACID VISION NEUROSIS」限定500本配布
1995年
2月14日 漆黒のシンフォニー2/V.A オムニバスアルバム
3月28日 漆黒のシンフォニー発売記念イベント CLUB CITTA' 川崎
3月28日 デモテープ配布 限定50本
12月11日、活動の拠点としていたCLUB GIO ICHIKAWAと原楽器の合同設立レーベルであるGIO RECORDSより、ミニアルバム『Strange fruits-奇妙な果実-』を発売しインディーズデビュー。
発売記念として新宿LOFTにて初のワンマンライブを行う。 「Poison biscuit」デモテープを配布。 Strange fruits-奇妙な果実- 初TOUR 全7公演
12月25日 Strange fruits TOUR FINAL
-CHRISMAS CABARET- 市川CLUB GIO
12月31日 年越しイベント参加 市川CLUB GIO
1996年
2月22日 アリスの眠り袋 TOUR 全15公演
4月03日 アリスの眠り袋 TOUR FINAL 渋谷egg-man
4月03日アリスの眠り袋 300本限定 ビデオ配布
5月、SHINが脱退。6月、TAKASHIが加入。
7月、Jellyfish breed発足 オフィシャルファンクラブ発足
7月07日 トランスオレンジ水族館 TOUR 全13公演
9月23日 モノクロームシアター TOUR 全18公演
9月25日 インディーズシングル「リラの樹」 single発売。
12月02日 月曜日の密室 新宿アンティノック
12月03日 火曜日の実験室 新宿アンティノック
12月25日 初のファンクラブオンリー
クリスマスライブ 市川CLUB GIO
12月31日 年越しイベント参加 市川CLUB GIO
この年、WARNER MUSIC JAPANと契約を結び、メジャーデビューに向けて準備が進められる。
1997年
6月19日 インディーズラストライブ 新宿LOFTにて開催開催
6月25日、シングル「割れた窓」でWARNER MUSIC JAPANのEntrancEレーベルよりメジャーデビュー。
7月10日、メジャー1st『Hide and Seek』を発売。発売記念として8月より全国ツアーを行う。ツアーの最中、当時の所属事務所が業務解散。
10月17日(熊谷VOGUE)、11月03日(市川CLUB GIO)
電気くらげのカボチャ狩り jelly fish breed 2Days イベント
12月24〜25日-パラノイア・サンタクロースパーティ 市川CLUB GIOにて開催
1998年
1月12日 いぬへび日記 オリコン The Ichiban コラム連載開始(竜太朗)
1月16日 ライブ 渋谷CYCLON(初の明のBDライブ)
2月15日 「本当の嘘」 Single発売
2月18日 CLUB CIRCUIT 1998
「本当の嘘」 TOUR 3公演
5月22日 うしろの竜太朗 SHOXX 7月号 コラム連載開始(竜太朗)(全8回)
6月28日 Jelly fish breed-1000 市川CLUB GIO ファンクラブイベント
7月25日 絶望の丘 Maxi Single 発売
7月31日 Jelly fish breed解散 ファンクラブ解散
8月02日 desperate hill TOUR 9公演
8月26日 2ndアルバム『Puppet Show』発売
9月05日 SWEET TRANCE'98 日本武道館
9月23日 Club Circuit '98
Puppet Show TOUR 3公演
10月 初の冠ラジオ番組 プラスティックトゥリーのこの木なんの木?気持ちの木! RADIO 東海放送
11月27日 竜巻まわし蹴り GIGUS コラム連載開始(明)全5回
12月17日 Club Circuit '98
Another Puppet Show TOUR 2公演
12月 「あおむしドロップ」 ザッピィ コラム連載開始(竜太朗)全45回
この年、すくすく竜太郎 マイバースディ コラム連載(竜太朗)全3回
1999年
マネジメント所属事務所をSWEET-HEARTへ移籍。
1月22日 Club Circuit 1999
16th Floor Elevator TOUR 15公演
2月22日 後ろの正-ただしづら-面 SHOXX 4月号 コラム連載開始(正)
3月10日 「トレモロ」 Maxi Single 発売
5月16日 Club Circuit 1999
Unkuown Pleasure TOUR 3公演
7月28日 初のビデオクリップ集 二次元ヲルゴール Video Clip
8月25日 「Sink」 Single 発売
8月25日 Premium Show
Mind Pool TOUR 3公演
9月16日 Plastic Treeの楽屋裏話
プラのプライデー uv vol47 コラム連載開始(全32回)
9月25日 SWEET TRANCE 1999 日本武道館
11月02日 Club Circuit'99
Overflow. TOUR 21公演
12月10日 「ツメタイヒカリ」 Maxi Single 発売
2000年
4月19日 「スライド.」 Maxi Single 発売
4月27日 Split Film TOUR 4公演
5月16日 プラのプライデーコーナー内
Akiraの着メロでメロメロ uv コラム連載開始(明)
6月01日 初の公式Webサイトオープン
6月24日 フェルナンデス(Akira)ニューモデル発売記念イベント ミヤコ 大阪心斎橋店
7月12日 「ロケット」 Maxi Single 発売
8月22日 SLEEP WALK. TOUR 19公演
8月23日 3rdアルバム『Parade』 発売
11月01日 Sickroom発足 オフィシャルファンクラブ発足 FUN UNLIMITED
11月04日 SWEET TRANCE 2000 日本武道館
2001年
2月07日 「プラネタリウム」 Maxi Single 発売
2月24日 Vicious裏表紙 4月号(竜太朗)
3月07日 セルフカバーアルバム『Cut』発売
3月7日、ベストアルバム『Cut 〜Early Songs Best Selection〜』の発売をもってWARNER MUSIC JAPANとの契約を終了し、インディーズの活動へ移行。
3月08日 Tour"from dusk till dawn"
第一公演"dusk" 第二公演"dawn" TOUR 11公演
3月31日 初のストリーミングライブ 赤坂BLITZ
10月04日 Alchemy. TOUR 4公演
10月31日 Sickroom Party Vol.1
-渋谷かぼちゃ狩りの会- ON AIR WEST ファンクラブイベント
11月14日 「散リユク僕ラ」 Maxi Single発売
11月14日、シングル「散リユク僕ラ」を、SWEET-HEARTが運営していたインディーズレーベルのSWEET HEART RECORDSより発売。
この作品を最後にTAKASHIが脱退。この頃、有村がポリープの除去手術を受ける。
11月14日 アルバム『Single Collection』発売
11月16日 隆脱退発表
12月08日 SWEET TRANCE 2001 代々木体育館
2002年
7月、ササブチが加入。
9月21日、4thアルバム『トロイメライ』をATMARK CORPORATIONより発売。同作よりメンバー全員がフルネーム表記となる。
2003年
カバー企画として、5月21日にシングル「バカになったのに」、7月9日にシングル「もしもピアノが弾けたなら」を、日本クラウンをディストリビューターとしてSWEET HEART RECORDSよりそれぞれ発売。
夏、UNIVERSAL MUSICへ移籍。事務所レーベル内にプライベートレーベルであるSick Room Recordsを設立し、10月1日にシングル「水色ガールフレンド」を発売。
10月22日、5thアルバム『シロクロニクル』を発売。
2004年
8月25日、6thアルバム『Cell.』を発売。
2005年
初春、マネジメント事務所をJ-ROCKに移籍。UNIVERSAL MUSICを1年間離れ、同事務所レーベルから5月11日にシングル「讃美歌」を発売。
2006年
5月10日、シングル「ナミダドロップ」を発売。UNIVERSAL MUSICに回帰。
6月28日、7thアルバム『シャンデリア』を発売。
2007年
6月25日、メジャーデビュー10周年を迎える。
6月27日、8thアルバム『ネガとポジ』を発売。
夏、所属事務所であるJ-ROCKが新設したヴィジュアル系バンド専門レーベルのAKATSUKI labelに所属。
9月8日、メジャーデビュー10周年を記念し、初の日本武道館公演となるワンマンライブ『ゼロ』を開催。
2008年
9月24日、9thアルバム『ウツセミ』を発売。オリコンチャートで自身過去最高となる9位を記録。
2009年
2月23日、公式サイトにてササブチが脱退を発表。
3月19日、ファンクラブ限定ライブ『Plastic Tree FC限定ライブ』をもってササブチが脱退。
6月10日、3人編成となって初のシングル「梟」を発売。オリコンチャートで自身過去最高となる9位を記録。発売を記念し、初の代々木公園野外ステージでのフリーライブを開催。
7月3日、佐藤ケンケンが加入。
8月30日、2度目の日本武道館公演となるワンマンライブ『テント』を開催[6]。
12月23日、10thアルバム『ドナドナ』を発売。
2010年
4月、徳間ジャパンコミュニケーションズへ移籍。
8月12日、新宿アルタ前にて、ゲリラライブを開催。場所の告知がなかったにも関わらずファン約8000人が集結し、予定では4曲だったが警察の要請により3曲を演奏しライブ終了。
8月13日、3度目の日本武道館公演となるワンマンライブ『テント②』を開催。
12月、有村がギラン・バレー症候群と診断される。治療のため、同年の年末公演が急遽中止となる。
2011年
4月6日、11thアルバム『アンモナイト』を発売。
12月、FlyingStar Recordsへ移籍。
2012年
4月14日、4度目の日本武道館公演となるワンマンライブ『青の運命線 最終公演:テント③』を開催。
6月25日、メジャーデビュー15周年を迎える。
12月12日、12thアルバム『インク』を発売。
2013年
3月11日-3月17日、初の7日間連続公演『裏インク』を東京キネマ倶楽部にて開催。
6月6日、初の冠番組『ONGAX〜Plasic Treeの千プラ〜』が千葉テレビで放送。
12月、バンド結成20周年を迎える。
2014年
3月5日、初のミニアルバム『echo』を発売。
7月4日、冠番組『Plastic Treeの千プラ』の第2シーズンが千葉テレビで放送。
2015年
5月23日、Plastic Tree初の男子限定LIVE「Boys Don’t Cry」を開催。
10月12日、Plastic Tree初の主催公演「虚を捨てよ、町へ出よう」を開催。
12月23日、13thアルバム『剥製』を発売。
 
(更多)
关注TA 播放艺人电台
  • 试听

    Plastic Tree Tribute~Transpare...

    总体评分9.5

    2017-09-06

  • 试听

    雨中遊泳

    总体评分9.6

    2017-06-21

  • 试听

    念力

    总体评分

    2017-01-25

  • 试听

    サイレントノイズ

    总体评分

    2016-08-17

  • 试听

    剥製

    总体评分9.2

    2015-12-23

  • 试听

    落花

    总体评分9

    2015-09-02

  • 试听

    スロウ

    总体评分9.5

    2015-03-04

  • 试听

    マイム

    总体评分9.1

    2014-09-03

我来说两句

您需要登录后才可以留言,新用户 注册虾米帐号

热门评论

  • 酷哥

    酷哥2013-04-24 11:10 赞(134) 弱(31)
    Plastic Tree音乐素质相当高,比现在的彩虹不知高了多少。其实他们的音乐里没有多少Brit-pop(那是彩虹早期),更多的是Shoegaze风格——厚重的吉他噪音墙、迷离阴郁的嗓音,只不过少了盯鞋半死不活的拖沓,多了轻快流畅,因为他们也受到朋克、Grunge、Noise-pop等风格的影响,甚至还有后摇风格,太牛了。Plastic Tree是安静和干净的,Plastic Tree又是噪的,令人舒服的噪,吉他噪音式的噪,最吸引人的是音乐中那脱俗清新的颓废气质,Plastic Tree式的颓,相当入耳,这是J-rock顶级水平。
  • Paranoia

    Paranoia2013-05-08 22:29 赞(36) 弱(1)
    pura是那种粗听听觉得很不错,看过歌词就再也放不下的乐队。
  • 暴走子ET

    暴走子ET(唯有音乐与美食不可辜负。)2013-04-23 23:27 赞(29) 弱(1)
    本来是在虾米猜里推荐的《枭》,也没太留意就是顺着听,刚开始觉得一般般,进入高潮部分的时候也没多大感觉。突然就听到vocal唱了句“残念“,瞬间浑身鸡皮疙瘩。Vocal有点阴柔气质的声音纠结地嘶吼时,真是形容不出来的令人浑身颤抖,觉得超级——性感!!!和常常听过的或硬朗或快活的美式PUNK或满是颓废腐坏(误)气息的BritRock都不同,两种气质混杂在一起,打个比方,既不是直男式的声音,也不是小受/攻式的声音,有点清爽的神经质。被一句歌词的声音击倒了2333
    看虾米上的介绍,Vocal的声音”阴郁暧昧“。与其说阴郁,也许用阴柔(阴性?)更好些。但是暧昧这个形容词真是用得太对了!

438条简评

  • 狂▼犬∝Zyo

    狂▼犬∝Zyo(我爱悠希w)2017-12-05 14:26 赞(0) 弱(0)
  • herfriends

    herfriends(人类没有未来)2017-11-20 00:13 赞(0) 弱(0)
  • Das Beste

    Das Beste(哦嚯)2017-11-01 20:14 赞(0) 弱(0)
    ***
  • amenox

    amenox2017-10-28 00:20 赞(0) 弱(0)
    以前疯狂迷恋过的vr乐队,虽然现在已经不听了。大概pura可以和其他华丽的视觉系区别开来吧,有一种从头到尾不一样的感觉,这大概不止于主唱的不老美颜。早期的那几张专辑那几个mv都如数家珍,从曲调到mv都有种杂乱美和荒诞不羁的感觉,也因为主唱,我开始喜欢bump of chicken直到现在,因为说不上为什么老觉得两位主唱实在是太相似。
  • i竞技场

    i竞技场2017-10-27 23:56 赞(1) 弱(1)
    Pt的音乐使人越听越有感觉,刚开始可能很平淡,可细细品味后就沉浸其中了。

    来自android客户端
  • 苹果

    苹果(听歌啊 是人生一大主题)2017-10-27 23:42 赞(0) 弱(0)
    作为一个认识时已高二 彻底入坑已高三的学屌 十分感谢pura 让我在自习发呆的时候多了一项事干:把周六日抄的日文歌词拿出来 再抄一遍 虽然我只会五十音

    来自android客户端
  • ✡ М  Ï  Λ ✡

    ✡ М Ï Λ ✡(✯)2017-10-27 23:23 赞(0) 弱(0)
     Plastic Tree至今已結成二十年、出道十五載,中途換過幾任鼓手,樂團也幾經蛻變。首兩張專輯《Hide and Seek》(1997)和《Puppet Talk》(1998)屬草創期,Hide and Seek》(1997)和《Puppet Talk》(1998)屬草創期,風格明顯深受英式搖滾的影響(這一點後來亦被’長谷川正確認),作品極具實驗性,旋律有種近乎怪異的窒息感,歌詞也較抽象深沉;由第三張專輯《Parade》(2000)開始作品的表達直率了不少,曲風也滲入流行元素,有一種打開了半掩的門讓陽光灑進暗房的感覺;
  • l

    l(野生)2017-10-22 18:09 赞(0) 弱(0)
  • 行方不明。

    行方不明。(Alone again,...)2017-10-18 06:10 赞(0) 弱(0)
    据说可能会有上海live…

    来自android客户端
  • 行方不明。

    行方不明。(Alone again,...)2017-10-12 23:06 赞(1) 弱(0)
    2018.02.10 HK live ,求同行,具体请私信

    来自iPhone客户端

    SatanGod

    SatanGod2018-01-18 23:15
    找到同伴了!2.10-Plastic Tree、2.24-sukekiyo、3.18-SiM、3.24-GLAY,香港要炸了!
12345678 下一页 (第1页, 共438条)
Top
Host: , Process All 0.2186s Memory:5922.95k