Loading...

坂本龍一坂本龙一 / Ryuichi Sakamoto

地区: Japan 日本
风格: 原声 Soundtrack, 电影原声 Film Score, 轻音乐 Easy Listening
档案:
小档案
姓    名:坂本龙一   
英    文:Ryuichi Sakamoto   
日文假名:さかもと りゅういち   
昵    称:教授   
出    生:1952年1月17日   
国    籍:日本   
出 生 地:日本东京都中野区   
星    座:摩羯座   
血    型:B     
教育程度:东京艺术大学硕士班毕业
 
简介
坂本龙一,日本音乐家、作曲家,唱片制作人,钢琴家,演员。他的作曲风格,就像他自己所说:"This global view to the different cultures is just part of my nature. I want to break down the walls between genres, categories, or cultures. Instead of building walls or borders, I always try to combine different things. To me, it is challenging and exciting." 大意就是,他本质上也是个混合了各种文化的人,他想突破所谓的种族、类别和文化差异。对他而言,将各种不同的元素混合起来而不是去建立界限是一项很有挑战性和刺激性的事情。
 
早年经历
1952年坂本龙一出生于东京,3岁开始学习钢琴,10岁开始学习作曲,毕业于东京艺术大学研究所。   
渐露头角始于他与细野晴臣以及高桥幸宏组建的合成器摇滚乐队黄色魔术交响乐团(Yellow Magic Orchestra/ YMO),取得了国际性的成功,热门曲目包括:"Computer Game / Firecracker" (1978) and "Behind the Mask" (1978)(后一曲目为坂本龙一创作并演唱);几乎在同一时期,他还开始了在流行音乐方面的发展,发行了专辑The Thousand Knives of Ryuichi Sakamoto(1978),随后发行了先锋电子音乐专辑B-2 Unit(1980),其中包含了经典电子音乐曲目"Riot in Lagos",1983年在YMO解散后,他制作了更多的个人专辑,并与众多国际音乐人合作直至90年代。   
1983年他在大岛渚的影片《圣诞快乐,劳伦斯先生》(Merry Christmas, Mr. Lawrence)中出演出一位在印尼战俘营的日军营长(此片的演员还有英国摇滚歌手大卫·鲍伊,和北野武等)。他同时还为此片谱写了电影音乐,其中由大卫·希尔维安(David Sylvian)演唱的主题曲“禁色”(Forbidden Colours)引起了一定的轰动。电影原声主题曲《圣诞快乐,劳伦斯先生》也广为流传,至今有30余种版本,是坂本龙一最为经典的作品之一。该片电影音乐获英国电影学院奖(BAFTA Award)。   1987年,为贝纳尔多·贝托鲁奇的影片《末代皇帝》(The Last Emperor)所作的音乐获得了奥斯卡奖,格莱美奖及金球奖,并在影片中出演日本军官甘粕正彦。1988年,再次为贝纳尔多·贝托鲁奇的影片《遮蔽的天空》(The Sheltering Sky)配乐,并荣获金球奖最佳原作音乐。他还为佩德罗·阿尔莫多瓦的影片《高跟鞋》(High Heels)以及奥利佛·斯通的《野棕榈》(Wild Palms)作曲,此外,由基努·里维斯主演的《小活佛》(The Little Buddha)及大岛渚的闭门之作《御法度》的电影配乐,亦出自坂本之手。   90年代初期,曾与YMO有过简短的重聚,这段合作对该时期的acid house和techno运动有着开创式的影响。   此外,他还为1992年巴塞罗那奥运会开幕式谱曲并担任指挥。   1998年为三共制药所制作的广告配乐Energy flow(收录于专辑 Ura BTTB),成为惟一一首以纯音乐登上日本最有公信力的Oricon单曲榜的歌曲,专辑于日本销售破百万张。1999年又以电影《铁道员》主题曲为他在流行音乐榜上再创百万佳绩,取得口碑与商业的空前双料成就。并于1999年同年创作歌剧《LIFE》。从2002年后,他又与YMO成员再度重组合作,并同时进行着电影配乐,专辑制作及巡演等工作。
 
音乐道路
2006年,坂本龙一创设全新音乐品牌“commmons”,希望建立一个“音乐共享之地”。后又参与众多环保,和平活动并主编评论辑《反战》。同年,和矢野显子离婚。
2007年3月10日至5月28日,他与高谷史郎共同创作以歌剧《LIFE》为基础的声音映像互动作品《Life - fluid, invisible, inaudible...》在山口信息艺术中心展出。3月10日举行了开幕音乐会。9月15日至11月4日,也在东京NTT国际交流中心展出。9月15日,他和浅田彰、中泽新一一起举行艺术家谈话,并举办了开幕音乐会。还是在这一年他和细野晴臣、高桥幸宏的活动非常活跃。2月作为YMO成员出演了麒麟窖藏啤酒的广告。同时推出了专辑《RYDEEN 79/07》。5月19日,作为“Human Audio Sponge”(HAS)乐队的成员举行了慈善现场演奏。8月22日以“HASYMO”的名义推出了新曲《RESCUE》。 2008年6月,与Fennesz共同举办意大利巡回演出。同月,YMO举行暌违28年的伦敦公演。2009年3月开始展开世界巡回演出「Ryuichi Sakamoto Playing the Piano 2009」。
2009年7月16日,作为艺术家文化的多样性丰富了的事等的评价,法国政府艺术文化勋章”“オフィ共享(工作共同分享)被授予了。
2010年3月12日,在艺术领域的优秀业绩评价,被授予文化厅“大众文艺部门比艺术选奖文部科学大臣奖”。
2012年11月23日,获得亚洲太平洋电影奖国际电影制作者联盟奖。
2013年2月8日,被美国加利福尼亚省大学柏克莱校日本研究中心授予“伯克利日本奖”。オリエンタリズム感觉的风格和初期的作品看现代音乐的手法用新颖,独特的风貌和知识的发言固有的存在感生,赢得了许多的fans。
2014年,就任札幌国际艺术节的嘉宾导演。
2014年7月10日,为了专心的演唱会等活动,中止发表了点以前采访等屡次自身的健康和体力自信表示,音乐会等公演的日程安排因自己的健康原因取消了。
2015年8月2日,复归电影《母亲和暮せ就》(导演山田洋次,主演・吉永小百合,2015年12月12日上映)的音乐工作。
 
——————————————————————————————————————
 
坂本 龍一(さかもと りゅういち、Sakamoto Ryūichi、1952年1月17日 - )は、日本のミュージシャン、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト 。東京都出身。
 
基本情報
別名
教授, 坂本教授
生誕
1952年1月17日
出身地
日本・東京都中野区
学歴
東京芸術大学大学院修士課程
ジャンル
映画音楽
            クラシック
            現代音楽
            ニューエイジ
            エレクトロニカ
            J-POP
            テクノポップ
            フュージョン
            ニュー・ウェイヴ
            沖縄音楽
            アンビエント
            イージーリスニング
            ボサノヴァ
            ハウスミュージック
            ワールドミュージック
            ほか…
職業
   作曲家
            編曲家
            ピアニスト
            キーボーディスト
            音楽プロデューサー
担当楽器
キーボード
            シンセサイザー
            ピアノ
            オルガン
            ストリングス
            ドラム
活動期間
1978年 -
レーベル
日本コロムビア(1978 - 1979)
            アルファレコード(1978 - 1983)
            MIDI/SCHOOL(1984 - 1986)
            CBSソニー/TERRAPIN(1987)
            ヴァージン・レコード(1989 - 1991)
            東芝EMI(1993)
            フォーライフ・レコード/güt(1994 - 1997)
            ワーナーミュージック・ジャパン(1998 - 2006)
            commmons(2006 - )
共同作業者
りりィ&バイバイセッションバンド
            細野晴臣
            高橋幸宏
            矢野顕子( - 1993年まで)
            忌野清志郎
            デヴィッド・シルヴィアン
            小山田圭吾
 
人物
世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深い。
幼いころから作曲を学び、東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。YMO時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。
自身の音楽活動のほか、プロデューサーやアレンジャーとしても活動し、他のアーティストへの楽曲提供も数多く行っている。また、映画『戦場のメリークリスマス』で映画に俳優として出演し、映画音楽も手掛け、日本人初の英国アカデミー賞の作曲賞を受賞した。1987年公開の『ラストエンペラー』では日本人初のアカデミー作曲賞を受賞し、また同曲でゴールデングローブ賞、1989年第31回グラミー賞最優秀オリジナル映画音楽アルバム賞など世界的な音楽賞を総なめした。1990年、映画『シェルタリング・スカイ』のサウンドトラックを担当しロサンゼルス映画批評家協会賞の作曲賞、1991年にゴールデングローブ賞 作曲賞を受賞した。以降、国内外の映画音楽を手掛け、映画音楽家としての地位を築いた。
代表曲に、エリック・クラプトンやマイケル・ジャクソンらにカヴァーされた「ビハインド・ザ・マスク」、『戦場のメリークリスマス』のテーマ曲「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」、覆面ボーカリスト「Sister M」を起用して話題となった「ジ・アザー・サイド・オブ・ラブ」、そしてテレビCMのために書かれたピアノソロ曲「エナジー・フロー」などがある。
音楽家としての活動のほかに、いくつかの映画や映像作品には俳優としての出演歴がある。テレビCMにも多く出演しており、ときには、ダウンタウンなどとお笑い番組やバラエティ番組に出演する。
近年は各メディアで環境問題や平和問題をはじめとした諸問題について発言する機会も多く、最近はPSE問題において、坂本も中心人物として参加した反対運動が実を結んだ。また「エコ」や「ロハス」といったキーワードを口にすることが多く、マクロビオティックの実践者でもある。長年喫煙者であったが、針治療を通じて禁煙に成功した[1]。一時期はベジタリアンでもあったが、これは「人としての闘争本能がなくなりそうだから」という理由で後に挫折している。2008年の9月には作家村上龍との対談で、現代の「夢があるということは素晴らしい、だから君も夢を持て」という風潮に疑問を抱いている発言をしている。
無類の猫好きである。一人っ子だった坂本が生まれたときから15歳の時まで一緒に住んでいた猫と兄弟のように生活していたことが影響している。また無類のジャージ嫌いであり、昔よく遊んでた友達がジャージをはいていた日、その瞬間に絶交したことがあるほどで、「僕の前でみんなはかないでね」と発言している。その一方でアルバム「千のナイフ」のジャケット写真を見た当時の音楽仲間が「あの汚い坂本が」と驚愕したほど、見た目に無頓着だった過去を持つ。このような坂本が当時のミュージシャンに不可欠だったファッションセンスを得るに至ったのは、高橋幸宏の指導によるものである。
「教授」「世界のサカモト」とあだ名される。左利き。血液型はB型。現在はアメリカ合衆国ニューヨーク州在住。歌手の坂本美雨はシンガーソングライターの矢野顕子との間に生まれた娘で、坂本にとっては次女。
2009年7月16日、芸術家として文化の多様性を豊かにしたことなどが評価され、フランス政府から芸術文化勲章「オフィシエ」を授与された。
2010年3月12日、芸術分野での優れた業績を評価され、文化庁より芸術選奨「大衆芸能部門」の文部科学大臣賞を授与された。
2012年11月23日、アジア太平洋映画賞国際映画製作者連盟賞を受賞。
2013年2月8日、米カリフォルニア大バークレー校日本研究センターから「バークレー日本賞」を授与された。オリエンタリズムを感じさせる作風と初期の作品に見られた現代音楽の手法を用いた斬新さ、独特の風貌と知的な発言が固有の存在感を生み、多くのファンを獲得。これまでに映画やCMにも多数出演している。同年、「第70回ヴェネチア国際映画祭」のコンペティションの審査員を務める。
2014年、札幌国際芸術祭のゲストディレクターに就任。
2014年7月10日、所属事務所エイベックス・ミュージック・クリエイティヴから中咽頭癌であること、療養に専念するためにコンサート活動などを中止する旨が発表された。かつてはインタビューなどで度々自身の健康状態や体力に自信を表しており、コンサート等公演スケジュールを自身の健康に起因する理由でキャンセルしたことがなかった。
2015年8月2日、映画『母と暮せば』(監督・山田洋次、主演・吉永小百合、2015年12月12日公開)の音楽で仕事復帰。本作で第70回毎日映画コンクール・音楽賞を受賞。
 
(更多)
关注TA 播放艺人电台

我来说两句

您需要登录后才可以留言,新用户 注册虾米帐号

热门评论

1381条简评

12345678 下一页 (第1页, 共1381条)
Top
Host: , Process All 0.2295s Memory:5621.72k