Loading...

hide的艺人档案

小档案

本名は松本秀人(まつもとひでと)、神奈川県横須賀市出身。血液型はAB型。逗子開成高等学校卒業。

少年時代には肥満からくるコンプレックスのため、内気で大人しい子供だったという。小学校の卒業文集の将来の夢の欄には「医者になってみはなされた患者さんを助けてあげたい」と書いている。中学時代にはイジメも経験した。

また、教育熱心な家庭であったのか塾や習い事に通う忙しい小学生であったという。アメリカへの集団でのホームステイも経験している。その当時を知る人は、少年時代のhideからはテレビなどで活躍するhideの姿はとても想像がつかなかったと語っている。

中学生の頃にキッスのレコードを初めて聞いた時に大きな衝撃を受け、ロックに目覚める。 以後は俗に言う「ロック少年」となり、様々なロックを聴き漁るようになる。そういった中でhideが強く影響を受けたバンドには、主に、キッス(特にエース・フレーリー)、ザ・クラッシュ、アイアン・メイデンなどの名前が挙げられる。山本恭司 (BOW WOW) のファンでもあり、hideの愛器となる「モッキンバード」を手にするようになったキッカケは「(BOW WOWの)ミツヒロ(斎藤光浩)さんが持っていたから」とのことである。

その後、エレキギターを手に入れたが当初はバンド活動はしておらず、そのまま高校へと進学した。その進学した高校が「エレキ禁止」であったためにバンドを組めずにいたが、不良の溜まり場などと言われていた横須賀のドブ板ストリートに出入りするようになり、そこで出会った仲間達とバンドを結成する。このバンドがX加入以前に活動していた唯一のバンド、「サーベルタイガー」となった(正確には、中学でもバンドを組んだが形だけで音楽活動はしなかった)。

また、「おばあちゃん子」であったhideは美容院を営んでいた祖母からの影響を少なからず受けている。Xデビュー当時は祖母のサリーをステージ衣装として借りていたことも。祖母と言うには若くて派手な人であったために、後のファッションなどの基盤となったとも言われ、更に高校卒業後にはハリウッド美容専門学校へと進み、卒業をして実際に美容院で働いてもいた。中学生のhideに高級品であったギブソンを買い与えたのも祖母。「サーベルタイガー」を解散した時には、全ての音楽活動からは足を洗って美容師として生きていこうと決心をしたが、結局はYOSHIKIの誘いでXに加入することになる。

hideは基本的にテレビやゲームが好きで、好んで視聴したり遊んだりしていた。これらがあるとそればかりをしてしまうために、一年の内の多くを過ごしていたロサンゼルスでは(日本のテレビ番組が放送されないため)音楽ぐらいしかやる事が無く、集中できるために音楽を作るには適した環境と語っていた。テレビ番組の中では特にお笑い番組が好きで、当時人気を誇っていた「ダウンタウンのごっつええ感じ」などがお気に入りであり、ダウンタウン(特に松本人志)のファンでもあった。また、スーパーファミコンソフト『スターフォックス』にはまっていたために、デビューシングルの『EYES LOVE YOU』のPVではそこから得たアイディアを取り入れている。

hideは酒好きで有名。日本酒が好み。ただし、X加入までは殆ど飲めなかったらしい。Xに加入したHIDEに酒を教えたのはPATAであると言われる。

晩年期の音楽的嗜好としては、ナイン・インチ・ネイルズ、ミニストリー、マリリン・マンソン、ホワイトゾンビ、ジェーンズ・アディクション、ストーン・テンプル・パイロッツ、ダムド、オブリヴィオン・ダスト、Cocco、少年ナイフ、コーネリアスなどが挙げられる。また今井寿と藤井麻輝と雑誌で対談した時に意気投合し、当時今井と藤井が組んでいたSCHAFTとコラボレーションをする方向で話が盛り上がった(実現こそしなかったが、zilchのリミックスアルバムにSCHAFTが参加することで希望は叶えられた。)。オルタナティブロック等の、ジャンルに囚わない幅広い音楽傾向が、hideのソロ活動の作曲面に寄与していたものと思われる。


大事记

1980年頃、自らが中心となりアマチュアバンドサーベルタイガー(横須賀サーベルタイガー)を結成。曲を作り、ギターを担当した。SABER TIGERとは別のバンド。
1986年、サーベルタイガーは人気・知名度も上がり、その名が知られるまでになっていたがメンバーの脱退などをきっかけに解散。一度は音楽をやめるつもりであったが、同じようにバンド活動をしていたXのYOSHIKIからの誘いを受けてXに加入した。
1989年4月にXはアルバム『BLUE BLOOD』でメジャーデビュー。ギタリストにとどまらずビジュアル全般を担当し、メンバーの髪のセットなどもしていたという。Xは主にYOSHIKIが作詞・作曲を行っていたが、HIDEも一部曲で作詞・作曲をしていた。
1993年8月5日、『EYES LOVE YOU』(アイズ・ラブ・ユー)、『50%&50%』(フィフティー・フィフティー)のシングル2枚同時発売でソロデビュー。Xと平行してのソロ活動が始まった。9月23日にはZI:KILLのTUSKと、映像作品『Seth et Holth』を発表する。「ZI:KILLとhide=ジキルとハイド」という洒落にもなっている。
1994年2月、初のソロアルバム『HIDE YOUR FACE』(ハイド・ユア・フェイス)をリリース。ジャケットを飾る、仮面のオブジェは映画『エイリアン』などで有名なH・R・ギーガーによるデザインである。また、同年3月から4月にかけて初のソロツアーを行った。
1996年、アマチュアバンドであったZEPPET STOREの楽曲や存在を世間に知らしめたいという動機からLEMONed(レモネード)を立ち上げる。5月22日に同名タイトルのオムニバスアルバムとビデオを発売しレーベルの存在を公にした。また、6月より2ndアルバム『PSYENCE』に向けての活動が始まった。
1997年9月、TOSHIの脱退により、X JAPANの解散を発表する。12月31日の「THE LAST LIVE」をもってXは解散した。しかし、「2000年X再結成」をメンバーと約束していたという。(hide死去時にYOSHIKIが公表)
1998年1月1日、ラストライブの翌日にhide with Spread Beaverとして朝日新聞紙上に全面広告を掲載。シングル『ROCKET DIVE』をリリース。
1998年5月2日、朝7時30分頃にhideは自宅マンションの寝室にて、ドアノブに掛けたタオルで首を吊って呼吸停止した状態で、同居していた婚約者によって発見された。病院に搬送されたが午前8時52分に死亡が確認された。
5月5日、関係者のみ300人を集め密葬が執り行われた。
5月6日通夜、5月7日告別式の両日はファンの献花を受け付け、連日ファンが大挙して押し寄せた。
5月7日、脱退したTOSHI、TAIJIを含むX JAPANメンバーをはじめ、親交のあった音楽仲間や業界関係者も列席した。告別式はテレビで生中継された。
5月13日、シングル『ピンクスパイダー』、5月27日にシングル『ever free』を、生前に予定されていた通りにリリース。
7月23日、zilchとしての1stアルバム『3 2 1』が発表される。zilchはレイ・マクヴェイと、ポール・レイヴンというメンバーと共に結成した前衛的なロックバンド(音楽ユニット)である。
10月21日、未発表曲としてシングル『HURRY GO ROUND』がリリース。これは生前に録っていた仮歌の音源を使用して、hideと共に最もレコーディング作業に深く関わっていたI.N.Aによって完成された。
11月21日、アルバム『Ja,Zoo』がリリース。このアルバムは生前には未完成であったが、Spread Beaverのメンバーや、サーベルタイガー時代からの仲間であるkyoや菊池哲などの参加により完成された。
1999年5月1日、hideの死から丁度一年後に、トリビュート・アルバム『hide TRIBUTE SPIRITS』がリリースされた。hideに縁のあるミュージシャンや、hideがBOØWY時代からファンであった布袋寅泰など、そうそうたる顔触れが参加している。
2000年7月20日、記念館hide MUSEUMが故郷である神奈川県横須賀市の海岸沿いに開館した。
衣裳や楽器などhideにゆかりのある品々を展示、併設の「Cafe Le PSYENCE」ではライブも行われた。
オープン式典にはX JAPANファンを公言し、設立にも協力したという衆議院議員の小泉純一郎も出席。
横須賀市内を走る湘南京急バス堀内営業所でも、hide並びにhide MUSEUMをテーマにした路線バスを2台製作・運行させている。
2004年5月2日、七回忌に当たる日には「FILM GIG」などのイベントが行われた。
2005年9月25日に記念館は閉館。当初は3年間の期間限定であったが結果的に2年延長された。閉館後も展示品などは時期を見て公開する予定である。
2007年4月1日、原宿にLEMONed shopがオープン。
2007年10月17日、X JAPAN再始動。新曲『I.V.』は生前の彼の演奏を含めた楽曲となり、念願であった世界デビューへhideも同行する形となった。同22日のプロモーションビデオ撮影には彼の立ち位置に空席のマイクスタンドとエレキギターが設置され、YOSHIKIがhideの人形を持って登場するなどより『hideも一緒である』ということを強調していた。
2008年3月28日、東京ドームでのX JAPANの復活ライブに特殊映像などを駆使して再現されたhideが登場した。
2008年5月3日・5月4日、味の素スタジアムにてhide十周忌追悼ライブ(多数のバンドやミュージシャンが出演のライブ)『hide memorial summit』が開催された(hideは5月3日に出演したhide with Spread Beaverと5月4日に出演したX JAPANに、ステージに設置された巨大モニターに映った生前の映像という形で共演した)。

Top
Host: , Process All 0.0628s Memory:3702.05k