Loading...

SEKAI NO OWARI世界末日 / 世界の終わり / End Of The World

地区: Japan 日本
风格: 日本流行 J-Pop, 独立摇滚 Indie Rock, 流行摇滚 Pop Rock, 电子乐 Electronica, 节奏布鲁斯 R&B, 后朋克 Post-Punk
档案:
小档案
中 文 名: 世界末日 
外 文 名: SEKAI NO OWARI 
组    员: 深瀬慧・中岛真一・藤崎彩织・等 
主    唱: 深瀬慧 
代表作品: 《幻の命》《花鸟风月》 
风    格: 流行摇滚,独立流行,另类摇滚
 
乐队简介
SEKAI NO OWARI,世界末日(世界の终わり)是在2007年由深瀬慧・中岛真一・藤崎彩织・LOVE 4人组成的乐队。 成员们在自己创建的「club EARTH」中进行成员集训,乐曲制作等工作。担任作词的是主唱深瀬慧,担任作曲的是藤崎彩织和中岛真一。于2011年凭借单曲《INORI》正式出道,隶属TOY'S FACTORY旗下。
 
发展历程
2001年
深瀬慧与中岛真一开始制作原创音乐,所创作的音乐深受朋克风格的影响。
2006年
他们组成了『club EARTH』组合。此时藤崎彩织和第一任LOVE加入。
2007年
乐队自制了他们的第一张Demo『sekai NO oWARi』,限量发行1000张。
2008年
第一任‘Love’退出。深瀬慧邀请擅长DJ的朋友加入。「加入乐队是我一生的愿望」。之后,乐队的基调便是由吉他,键盘和DJ组成的。
2009年
发行首张专辑『sekai NO oWARi』。收录了「幻の命」「青い太阳」「死の魔法」「虹色の戦争」等歌曲。
2010年
2月10,乐队加入了Lastrum后发行「幻の命」。4月7日、发行了第一张专辑「EARTH」发行。11月3日、发行了第一张单曲「天使と悪魔/ファンタジー」。
2011年
6月15日,乐队发行了第一张DVD「2010.12.23 SHIBUYA C.C.Lemon Hall」。11月22日,在日本武道馆进行公演,并获得巨大成功。
2014年
8月15日,乐队成员参与合作的电影《TOKYO FANTASY》在日本全国放映,电影由法国导演Raphaël Frydman 拍摄,并于之后制成DVD。 10月8日、与单人电子乐队Owl City合作单曲「Tokyo」,这首歌被收录进Owl City2015专辑《Mobile Orchestra》的日本版。11月、与当红DJ Avicii、 Guetta David等合作过的荷兰DJ Nicky Romero合作创作单曲《Dragon Night》,获得了很高的人气。
年末他们首次参加日本红白歌会,演唱了《Dragon Night》。
2015年
1月,发行他们的第三张专辑《Tree》,在公信榜上获得第一。7月,在日本最大的体育场横滨国际综合体育场举行为期两天的表演“Twilight City”,当红的美国新生代歌手Austin Mahone也作为嘉宾出演。7月29日,发行单曲《ANTI-HERO》,作为《进击的巨人》真人电影版的主题曲。电影下部的主题曲也定为SEKAI NO OWARI演唱,名为《SOS》。
 
 
SEKAI NO OWARI(せかいのおわり、セカイノオワリ、End Of The World)とは、2010年にインディーズデビューし、2011年にメジャーデビューした日本の4人組ロックバンド。
バンド名はFukaseが命名したもので、「世界が終わったような生活を送っていた頃に残されていたのが音楽と今の仲間だったので、終わりから始めてみよう」という想いが込められている。2011年に表記を「世界の終わり」からアルファベット表記に改めた。また、2012年にアルバム『ENTERTAINMENT』の発表以降は、DJ  LOVE以外のメンバーも本名を伏せている。
 
メンバー
Fukase
出生名  
深瀬慧(ふかせ さとし)(本名)
生誕
   1985年10月13日(30歳)
出身地      日本、東京都大田区
担当楽器
ボーカル
            ギター
本名及び旧芸名は深瀬 慧(ふかせ さとし)。SEKAI NO OWARIの初代リーダー。性格は「天真爛漫で神経質なリーダー」とSaoriに評価されている。
メンバー内で最も多くの楽曲の作詞・作曲を手がけている。自転車が好きで、作詞・作曲は自転車に乗りながら行うことが多い。NakajinとSaoriが作曲に使用しているDTMがあまり好きではなく、機材はアナログ派である。
ライブではハンドマイクで歌う曲が多いが、一部の曲ではギターを弾きながら歌う曲(インスタントラジオや花鳥風月など)がある。 また、以前よりライブでギターを弾きながら歌う曲は減っている。
高校中退後アメリカンスクールに通い、アメリカに2年留学する予定だった。しかし、言語や生活習慣などの違いから2週間でパニック障害になり、帰国。日本で精神病院の閉鎖病棟に入院。現在は完治したが、精神病の治療薬の副作用に苦しんでいた時期があった。現在も精神安定剤を服用。
2011年、精神的に強くなろうと考え、「強靭な精神は強靭な肉体から」とルームランナーを購入。そのため、部屋にはルームランナーとベッドとギターしか置かれていない。ツアー中、ライブ前(本番直前)は必ず会場の外を走って体を整えているが、あまり気付かれないそう。
2013年4月頃から、機械に近づくと何らかの異常が発生するという。
Saoriには厳しい(よく喧嘩をする)が、DJ LOVEには優しく接する。妹が2人いる。
当初はFukaseがピエロのマスクを被っていたが[9]、NakajinとSaoriが全力で阻止した。理由は、「顔が可愛いから。」(2014年4月28日放送『しゃべくり007』より[要高次出典])
同じレーベルで、親交のあるlivetuneの作品「Take Your Way」には、ボーカリストとして参加した。
 
Nakajin
出生名
   中島真一(なかじま しんいち)(本名)
生誕
   1985年10月22日(30歳)
出身地
   日本、東京都大田区
担当楽器
ボーカル
            コーラス
本名及び旧芸名は中島真一(なかじま しんいち)。2013年のアリーナツアー以降は、Fukaseに代わりSEKAI NO OWARIのリーダーを務めている。
ハットと眼鏡がトレードマーク。性格は「真面目でストイック」とSaoriに評価され、2011年の目標に「休まない」と掲げていた。
多くの楽曲でコーラスを担当している他、多くの楽器を演奏できるためサウンドプロデュースを担当している。ピアノ・キーボード等鍵盤楽器に関しては、ライブやレコーディングで演奏することはないが、ギターを始める前にピアノを習っていたことがあり、アレンジの時などに使用する。武道館公演(2011年)では初めて作詞・作曲した楽曲「TONIGHT」をアコースティック・ギターの弾き語りスタイルで披露した。また、楽曲「TONIGHT」、「炎の戦士」(2012年)でも、メイン・ボーカルを務める。
ラジオが大好きで、中学生のときに自分の部屋を与えられてから部屋ではラジオをつけていることが多い。
小学校・中学校で野球部、高校と大学ではバレーボール部に所属していた。塾講師として5年間のバイト経験があるが、バンド活動を優先するため時間の融通がきくパン屋に変えたという。ちなみに、女性アイドルグループprediaの村上瑠美奈は塾講師時代の教え子である。
 
Saori
出生名
   藤崎彩織(ふじさき さおり)(本名)
生誕
   1986年8月13日(29歳)
出身地
   日本、大阪府
担当楽器
ボーカル
            コーラス
本名及び旧芸名は藤崎彩織(ふじさき さおり)。作詞、作曲ともに手がける。サウンドレコーディングの際はディレクターを務め進行を指揮する。ライヴでは総合演出を務める。
5歳の時にクラシックピアノを始め、音楽高校・音楽大学に通っていた。音楽科の教員免許も取得している。また、ピアノ講師としても4年間のバイト経験がある。FukaseとNakajinは小学校、中学校の先輩である。Fukaseとは、幼稚園も同じ。
初めて作詞・曲を単独で担当した「PLAY」で、部分的にではあるがメインボーカルを務めた。
 
DJ LOVE
出生名
   不明
生誕
   1985年8月23日(30歳)
出身地
   日本、東京都
担当楽器
DJ
            サウンドセレクター
メンバーのFukase曰く「(バンドの)代表的なマスコット」。ピエロのマスクをかぶっている。マスクに関しては、「子供に大人気かと思いきや、意外と泣かれる」「暑いのは慣れました」とのこと。性格はおおらかで、メンバーからは「ゾウのよう」だと言われている[8]。また、Saoriは「彼が怒ったところをまだ一度も見たことがない」と自身のブログで述べている。
機材を選ぶ役目を担っており、メンバーの意図に合わせて音作りをする。ライヴではエフェクターの操作やコーラスも担当する。
バンド内では最も音楽に詳しく、幅広い音楽を聴いている。中学生の時に初めて買ったCDはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの作品で、音楽活動を始めるきっかけとなった。
高校時代、Fukaseから「この曲ってなんていう曲?」と昼休みに流れていた曲名を聞かれ、交流が始まる。高校3年の時には一度だけ学園祭でギターボーカルをしたことがあり、NOFXの楽曲などを歌った。
 
略歴
インディーズデビューまで
2000年、NakajinとFukaseは中学校の同級生だった。NakajinがFukaseの上履きのつま先部分にゆずの絵が書いてあるのを発見し、「ゆず聞くの?」と声をかけた。その時から、2人は仲良くなっていった。Nakajinがアコースティックギターとハーモニカ、Fukaseは出会った当時ギターを持っていなかったため、タンバリンを持って、2人でゆずのコピーを始める。
2001年、NakajinとFukaseは別々の高校に進学する。また、高校時代、Fukase、初代DJ LOVE、二代目DJ LOVEの3人でコピーバンドをやっていたが、Fukaseの高校中退と共になくなった。
NakajinとFukaseは大晦日に地元の神社で偶然再会。パンク・ロックを聞き始めていた2人は再び意気投合した。2005年、NakajinとFukaseが2人でオリジナル楽曲を制作し始める。NOFXやランシドなどのパンクロックバンドに影響を受けていたために、初オリジナル楽曲はギターロックにのせてFukaseがシャウトするような内容であった。並行してバンドメンバーを再三募集するが、なかなか定着しなかった。その後、初代DJ LOVEと3人で楽曲を制作していた。「まずは仲間が集ることの出来る場所を借りよう」とFukaseが提案し、場所を探し始める。2006年、印刷工場だった地下空間へたどり着き、ライヴハウス『club EARTH』(東京都大田区)を手作りで設立した。
2007年、Nakajin(ドラム)、初代DJ LOVE(ベース)、Saori(ピアノ)、Fukase(ボーカル・ギター)で、コピー・バンドをやっていた。BUMP OF CHICKENの「プラネタリウム」、銀杏BOYZの「銀河鉄道の夜」、the band apartの「星に願いを」、サザンオールスターズの「真夏の果実」などをコピー していた。
ライブハウス『club EARTH』を完成させて約半年後、活動をオリジナル曲の制作の方にシフトしていき、バンド・世界の終わりを結成。自主制作で1000枚限定のデモ『sekai NO oWARi』を制作した。ライブハウス『club EARTH』での初ライブをするが、観客は15人。その頃、二代目DJ LOVEは、機材の搬入・搬出や、club EARTHでのライブの時にバンドとバンドの合間にDJをやっていた。
2008年、初代DJ LOVEがバンドを脱退。それを受けてclub EARTHのボランティアスタッフをしていたDJ経験のある高校時代の友達にFukaseが「一生のお願いだからバンドに入ってくれ」とバンド勧誘の電話をかけ、ピエロのお面と名前を引き継いだ形で現在のDJ LOVEが加入。ギター、ボーカル、ピアノ、DJという編成でバンドを結成する。
二代目DJ LOVE加入後、下北沢で行った初ライブで現在の事務所のマネージャーに声をかけられる。二代目DJ LOVEは、加入と共に事務所との契約が決まったことから、メンバーに「福の神」と言われている。
 
2010年 - 2011年:『EARTH』まで
2010年2月10日、Lastrumより期間限定シングル「幻の命」でインディーズデビュー。さらに4月に、アルバム『EARTH』をリリース。重いメッセージ性とポップな音が融合している点が評価され、翌年1月、第3回CDショップ大賞の準大賞を受賞した。また、発売日から同年7月まで、アルバムを引っ提げた全国ツアー『Heart the eartH TOUR』を全国23都市で開催した。
11月、インディーズ・シングル「天使と悪魔/ファンタジー」をリリース。「天使と悪魔」がテレビ朝日系テレビドラマ『霊能力者 小田霧響子の嘘』の主題歌として起用され、初タイアップとなった。翌月にかけて全国ツアー『秋のワンマンツアー2010』を全国11都市で開催した。翌年6月に発売された初のライブ・ビデオ『2010.12.23 SHIBUYA C.C.Lemon Hall』に収録された。
 
2011年 - 2013年:『ENTERTAINMENT』まで
2011年8月17日、レーベルをトイズファクトリーに移し、シングル「INORI」でメジャーデビュー。バンド名を「SEKAI NO OWARI」に変更した。発売日にラジオ『SCHOOL OF LOCK!』に生出演し、9月から同番組内の「セカオワLOCKS!」に3か月限定でレギュラー出演することを発表。
同年10月16日に出演した『MINAMI WHEEL』で過去最高入場列を記録。会場であるBIG STEPの最上階4階から地下3階(最下階)へ届き、折り返して地上1階に至るまでとなった。
同年11月、初の日本武道館ワンマン公演『SEKAI NO OWARI at 武道館』を開催。チケットは完売し大成功を収めた。翌日、メジャー2枚目シングル「スターライトパレード」をリリース。また、翌月にかけて全国ツアー『SEKAI NO OWARI TOUR 2011』を全国9都市で開催。
2012年1月17日、ラジオが大好きすぎたという理由で自分達のネットラジオ「CHAN'T SLEEP FANTASY NIGHT」をスタート。更新は不定期。ケロログやポッドキャストで無料配信されていたが、現在は携帯会員限定コンテンツとなっている。
同年4月、期間限定で担当していたラジオ『SCHOOL OF LOCK!』内の「セカオワLOCKS!」が再開される。
同年5月、『ZEPP TOUR 2012 「ENTERTAINMENT」』を3都市で開催。約2週間後にメジャー3枚目シングル「眠り姫」をリリースした。この曲で『ミュージックステーション』に初出演を果たす。
同年7月、メジャー1枚目アルバム『ENTERTAINMENT』をリリース。同年の第54回レコード大賞で優秀アルバム賞を受賞。発売後から約3か月にわたり『HALL TOUR 2012 「ENTERTAINMENT」』を全国25都市で開催。翌年1月からは『ARENA TOUR 2013 「ENTERTAINMENT」』を3都市で開催。同年7月に発売されたメジャーデビュー後初のライブ・ビデオ『ARENA TOUR 2013「ENTERTAINMENT」 in 国立代々木第一体育館』に収録された。
『ARENA TOUR 2013 「ENTERTAINMENT」』以降、Fukaseに代わりNakajinがバンドのリーダーを務めている。
 
2013年:世界展開の始動
「End Of The World」として本格的に世界展開のプロジェクトが始動する。マドンナやレディー・ガガなどとの提携で知られるプロモーター「Live Nation Entertainment」との提携を発表。
1月27日、フランス・カンヌで初のヨーロッパ・ライヴを行った。同日、新たにリミックスした音源を「End Of The World」名義でYouTubeにアップロードしている。また、新しいアーティスト写真も公開された(アリーナツアーでの衣装を着用している)。
 
2013年 - 2015年:『Tree』まで
2013年4月、新譜の詳細を発表。アーティスト写真も更新された。それから約1か月後の5月、メジャー4枚目シングル「RPG」をリリース。発売日の前後で発売記念フリーライブ『SEKAI NO OWARI 2013 FREE LIVE for RPG』を名古屋・神奈川・大阪で開催。
同年8月、「THE天狗ズ」として渋谷PARCO前でゲリラライブ。後日、LINEのメッセージで「謎のDVD」の撮影だったことが明かされた。
同年10月、自身初の野外企画『炎と森のカーニバル』開催。3日間で約6万人を動員した。翌年4月にリリースされたライブ・ビデオ『炎と森のカーニバル in 2013』に収録された。また、同公演で 「Death Disco」を初披露したところ、リリースに関する問い合わせが殺到したため、配信限定リリースが決定し、約2週間後にリリースされた。
同年11月、早稲田祭に参加し、初の学園祭ライブを敢行。
2014年1月17日 - 27日、「LINEポコパン」内にキャラクター出演。BGMに起用された[72]「スノーマジックファンタジー」は同月、メジャー5枚目シングル「スノーマジックファンタジー」としてリリース。オリコンのCDシングル週間ランキングで初の1位を獲得した。
同年4月、メジャー6枚目シングル「炎と森のカーニバル」と、メジャー3枚目のライブ・ビデオ『炎と森のカーニバル in 2013』を同時リリース。ライブ・ビデオはオリコンの週間DVDランキングで総合1位を獲得した。リリース直後から6月まで『ARENA TOUR 2014 「炎と森のカーニバル -スターランド編-」』を全国9都市で15公演開催。約15万人を動員した。
同年5月、国立競技場での最後の音楽イベント『SAYONARA 国立競技場 FINAL WEEK JAPAN NIGHT』に出演。“Japan to the World”公演と銘打たれ、海外での活動に積極的なミュージシャンらが出演するという2日目に出演した。
同年6月18日、アミューズとラストラム・ミュージックの合弁会社「TOKYO FANTASY」に移籍。アミューズ傘下のアーティストとなる。
同年8月15日、ドキュメンタリー映画『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』が公開された。監督を務めた映像作家のラファエル・フリードマンが密着撮影を敢行し、ステージや楽曲制作のテーマ「TOKYO FANTASY」が映像で表現された。また、同年夏にはナッシュビル(アメリカテネシー州)で海外盤のレコーディングを敢行していて、「Dragon Night」のレコーディングも行われた。
同年10月、二度目の自主企画野外イベント『TOKYO FANTASY』を開催した。当初予定していた最終公演は台風18号の接近により中止されたが、2日間で約4万人を動員した。また、全公演にアウル・シティーがゲスト出演した。それから約1週間後、メジャー7枚目シングル「Dragon Night」をリリースした。サウンド・プロデュースはニッキー・ロメロが担当していて、アメリカでレコーディングが行われた。
同月には、マカオで開催された『ABUソングフェスティバル』に日本代表として出演した。
同年のYahoo!検索大賞 2014のミュージシャン部門を受賞。年末には『第65回NHK紅白歌合戦』に初出場し、「Dragon Night」を披露した。
2015年1月、メジャー2枚目アルバム『Tree』をリリースし、オリコン週間アルバムランキングで自身初の1位を獲得した。
同年7月、横浜国際総合競技場での自身初公演『Twilight City』を開催し、2日間で約14万人を動員した。同年8月に公開された実写映画版『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』において、主題歌として「ANTI-HERO」を提供。ダン・ザ・オートメイターをプロデューサーに起用してサンフランシスコでレコーディングを行った。9月に公開された後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド・オブ・ザ・ワールド』にも主題歌「SOS」を提供。こちらはケン・トーマスをプロデューサーに起用しロンドンでレコーディングされた。また、この二曲はボーカルが全編英語詞となっている。
 
(更多)
关注TA 播放艺人电台

我来说两句

您需要登录后才可以留言,新用户 注册虾米帐号

热门评论

  • 咲夜♪

    咲夜♪(交往恐惧症重度患者.)2014-05-12 22:36 赞(89) 弱(1)
    不得不说这四个人真是绝配,每个人都把自己的个性从歌词旋律混音展现了出来w不过还是最偏爱小慧,
    小慧的声音是清晨透过薄雾的阳光,
    连接了漆黑的午夜和希望的白昼,又沾染两者的一些色泽,但是一点都不会显得不协调,反而能到达你的内心深处,就是这样的声音让我迷上SEKAI NO OWARI呢w
  • Eden while

    Eden while(emmanuel)2014-03-29 22:00 赞(45) 弱(0)
    听着,好像在看着星星~~眨呀眨呀眼睛。
  • 刀小舟

    刀小舟(没有缺憾才不完美)2014-10-30 21:27 赞(44) 弱(0)
    仿佛又回到了当年看flumpool以及funky monkey baby成长的时候。

610条简评

12345678 下一页 (第1页, 共610条)
Top
Host: , Process All 0.2346s Memory:5700.16k