Loading...

岸洋子きし ようこ

地区: Japan 日本
档案:
小档案
岸 洋子(きし ようこ、1935年3月27日 - 1992年12月11日)は、日本のシャンソン歌手、カンツォーネ歌手。本名:小山 洋子。
山形県酒田市出身。
小简介
オペラ歌手を目指していたが膠原病のため、断念。病床で聴いたエディット・ピアフのアルバムに感動しシャンソンを志した。
越路吹雪が“魅せる歌手”と呼ばれることに対して、“聴かせる歌手”と呼ばれた。
大事件
 
山形県立酒田東高等学校卒業。俳優・成田三樹夫とは同級生だった。
1958年:東京藝術大学大学院声楽専攻科修了、二期会研究生となる。
1961年:シャンソン歌手としてキングレコードと契約。
1962年:『たわむれないで』でレコード・デビュー。
1964年:『夜明けのうた』で第6回日本レコード大賞歌唱賞を受賞。
1970年:膠原病で倒れるが再起。『希望』で第12回日本レコード大賞歌唱賞を受賞。
1971年:『希望』が第43回選抜高校野球大会の入場行進曲に採用される。
1983年:自叙伝『さくらんぼの楽譜』を出版。
1984年:歌手生活25周年記念リサイタルを開く。
25周年のための歌は『アンデスの風になりたい』(作曲・小島常男 作詞・とべあきよ)。この曲はサンリオ出版「月刊詩とメルヘン」(現在は廃刊)に出ていた詩に、小島常男が曲をつけレイニーブルーというフォークバンドが歌っていたのを、岸が偶然耳にして25周年記念の歌としたもの。
1992年:秋頃に自宅玄関で転倒し骨折して入院。その後も膠原病の後遺症等により闘病生活を送っていたが、12月11日に敗血症のため57歳の若さで死去。
(更多)
关注TA

我来说两句

您需要登录后才可以留言,新用户 注册虾米帐号

1条简评

Top
Host: , Process All 0.2123s Memory:5273.07k